英語特講〜?を!に〜

中学生の期末テストが今日終わりました。
そういうこともあってか、今日は小5生と沢っ子(大沢小出身)の中学生のみでした。
テスト前は、1日最大12人に個別指導をする塾長も、今日は三分の一。
少人数ならではの授業を実施しました。

・小5/中1生
Basic conversation and grammar in English
(基本の英会話と英文法)

小学生の教科書ワークを使いながらの英会話でした。
*基本会話 What subject do you like? / I like 〜.
*冠詞 I like cats. と I like cat.では大きくニュアンスが変わる!

・中2/中3生 Pronunciations / spellings / verbs
(発音・スペリング・動詞)
日頃の疑問について、目からウロコ!な授業でした。

*「ローマ字読み」と「フォニックス読み(アルファベット読み)」
…①いわゆる”Magic E”について(game, name, fateなどの語尾e)
 ②発話としての英語〜アクセントとそれ以外のエネルギーの差〜
*be動詞と一般動詞の原形が混在できない理由
…be動詞は算術記号の”=“である。
例)× I am run in the park. → 「わたしは公園で走ることである」
I = run in the park って変ですね。自分の存在が公園で走ることであれば、
公園内で走っている人は全て「わたし」ということになりそうですが…

  ○ I am running in the park. → 「わたしは公園で走っている」
I = running in the park これならまあ、問題ないですね。

改めて聞くと、「そうだったのか!」に気づく


試験が終わったから、聞くだけの心の余裕が生まれることもあります。

当塾では、予習・復習はもちろん、こうした日頃の“?”について、
みんなで考え、解決するための「土壌づくり」に励んでいます。
とくに、塾長の英語は受験英語だけではなく、実用英語も言語学も、
あらゆる観点からのアプローチで、皆さんに気づきのタネを蒔きます。

そして、もちろん、
分かっている!という生徒さんには、次のステップのお話もします。

近日中に、夏期講習のお話もできればと思います。乞うご期待!

因数分解の応用。

こちらでは久し振りの投稿です。

中3因数分解の応用

例題

(x-5)^2 – 16x を因数分解しましょう。 ※ ^2は「2乗」

(x-5) を文字で置く…その前に!

第1項の (x-5)^2 を見て、 x-5=Aと置いて、
与式 = A^2 – 16x としたくなってしまいます。

が!

第2項 -16xについて、もし -16x^2であれば、

(4x)^2として、2乗-2乗の公式を当てはめることが可能になります。

しかしここのxは1次なので、使えません。

残念ながら、置き換えはできない、引っ掛け問題です!

結論:なんでも置き換えに頼らない!式の構造をよく見て!

※ちなみに6月18日よりしばらくの間、机は黒板向きに固定です。

【緊急】塾生募集について

当塾では、3月中旬以降の通塾休止生が想定より多くなったことから、下記の条件にて緊急募集を行います。

【特別条件】

・募集人員:新中1、新中2、新中3 各2名ほど

・当サイト、告知ポスター等(これから作ります)をご覧になったか、塾生の紹介で見学、面談に入った方

・特典

①入会金免除(通常5,000円)、4〜6月空調費(1,500円)免除!

②無料通塾体験1週間中に入塾決定の場合、

なんと!3月中の授業料免除!

※他にも特典を追加するかもしれません。

どうぞみなさま、よろしくお願い申し上げます!

平成31年度 北海道公立高校入試 1日目終了

受験生の皆さん
1日目お疲れ様でした!

当塾からは、今年は4名の受験生が挑んでいます。
1日目、本日の筆記試験では、皆が自己ベスト更新を
達成しています。

受験校や合格順位などを考えると、不本意な結果が
あったという塾生さんもいたとは思いますが、
直前まで不安だ!と言いながらも、爪痕をしっかりと
残してきてくれたことに、まず敬意を表します。

この教室で、最終調整をしてくれてありがとう。
明日、面接で自分の思い通りになることを
心から願っています。

数学短評

比較的、基本問題が多かったと思いますが、大問3の
魔法陣については、新傾向?やや奇をてらった出題でした。
しっかりと内容を吟味し、意味を考えて連立方程式を
立式させなくてはならない問題で、差が出るとすれば
この問題になるかと思います。

対して、大問4の関数は、例年に比べればとても易化。
大問5の図形も、比較的易しい問題でした。
「今年は難化する」という塾長予想は外れましたが、
証明でいつも空欄だった塾生さんが爪痕を残したり、
落ち着いて座標を求めていたところを見て、嬉しく思いました。

大問4、直角三角形から共通の角の大きさを引く問題は、
北海道の公立高入試数学の、いわば「お家芸」です。
必ず三段論法で、というのも当たりました。

英語短評

第3回目のプレテストで、リスニングとして出題しました
「ホテルの宿泊客への案内」が、形式を変えて入試問題に登場!
ここでもプレテストが的中という奇跡です。

また、当塾の塾生でも一番成果が現れた科目であり、
塾生平均も、英語だけは見事にずば抜けていました。
(自己採点で50点台という猛者も…!
私も確認させていただきましたが間違いないでしょう)

また、この猛者でも2問誤ったというリスニングを
完全正解したという猛者もいます。

長文である大問4は、読みやすいのですが、出題はトリッキー。
今年は引っ掛けもあり、また英作文(語句補充)も
smallを入れなければ書きやすかった内容であったり、
なかなか侮れない出題だったように思います。

総合的には


合格者平均点は昨年より10点程度(5科目)上がるだろうという
大手さんの見込みには、私も共感を覚えるものです。

来年は国語の8点問題の指導も重点的にしたいですね。

第3回 英数入試プレテスト 数学

こんにちは。
つい今しがた、第3回入試プレテストが終わりました。
まだ受験していない塾生もいますので、詳細は後程となります。

入試の出題形式に触れ、分析をしたいと思います。

数学


〜今年こそ難化か?〜

概略


過去2年は、標準問題では解きやすい問題が揃いました。
ただ、ところどころ頭をひねる問題もありますので、
油断大敵、という内容だったように思います。

昨年は難化見込みでプレテストを作成しました。
それが功を奏してか、標準問題受験者の当塾平均点は
40点台に達していました。

差し迫った学習指導要領改訂に向け、発想力を問う問題が
多くなるような予感がしています。

大問1 小問集合 18〜21点


できればここは、すべて得点できるようにしてほしいところです。
プレテストではちょっと値が???なものも扱いましたが、
それでも計算方法は基本中の基本です。
実際でも、まれに三平方の定理で扱う平方根の数が、
大きい素数になったりすることがあります。
落ち着いて、基本に忠実にいきたいのがこの大問1です。
計算領域の出題が多いです。

大問2 小問集合 14〜16点


方程式、測量などの基本領域ですが、大問1より
少しだけレベルが上がります。
それでも、比較的基礎の問題が多いので、ここも
得点源にできるとよいでしょう。
数の性質や方程式などで穴埋めが出題されます。
問題をよく読んで、題意に沿う文字や数を答えましょう。

大問3 確率 または 資料の整理 10点程度


この領域も、問題をしっかり読んで理解することと、
基本的な計算技術は押さえておくことが必要となります。
特に資料の整理では、平均値、中央値、相対度数などの指標、
確率では「少なくとも」→「1-該当しない確率」などは
必ず押さえておきたいポイントになります。

資料の整理の問題では、度数分布表やグラフから、
読み取れることを言葉で表すような問題もありますので、
日頃から内容を口頭で説明できるようになるとよいでしょう。

大問4 関数 10点程度


まずは定点の座標を求めるところから始まるのがセオリーです。
定数が変わる場合は、定数「a=◯とする」や、
「定数aを求めなさい」といった、問いと答えに注意です。

問3には、4点の計算問題が出題されます。
鍵となる点の座標を求めるだけで、1〜2点の中間点が
もらえますので、爪痕はしっかりと残しましょう。

*「三角形の面積」→とにかくまず座標。そして、
どの辺を底辺とするか、高さとするか、もしくは、
底辺や高さをxy軸で切って考えるか。
どうにもならない場合は、3点を通る長方形などを描き、
周りの三角形の面積を、長方形の面積から引く。

*「面積二等分の直線」→頂点と底辺の中点を結ぶ。

大問5 図形(証明・測量) 8点程度

問1は証明問題で5点です。
5点ということは、ほぼ必ず「三段論法」が出ます。

A=B、 B=C、よってA=C、という証明の論法です。
合同なのか相似なのか、三角形がらみではまず、
「△ABCと△DEFで」のように書き始めます。
仮定でも合同や相似条件にからむ内容が書ければ中間点あり。

まれに三角形が絡まないこともあります。
その場合は、辺の長さや角度の大きさに絡む内容が書ければ
中間点あり、となります。

*今回のプレテスト受験者には
学校裁量問題採用高受験者はいませんでした。

第1回 英数入試プレテスト(追記あり)

【結果と講評】


第1回 英数入試プレテスト 実施いたしました。

受講された4名の方、お疲れさまでした。
&ご利用ありがとうございました。
受講生の声を交えて、速報をお伝えいたします。

【数学】


・受験者数 4名 平均点 18.0点/60点
・受講直後「学力テストのほうがまだ簡単!」
 →解説後「やり方がわかれば!」
     「計算ミスさえなければ!」
・短評
 今回の経験から、基本の計算は必ず得点できるよう
しっかり復習しましょう。出題は昨年のプレテストより
かなり楽にしていました。

 視点を変える(発想を転換する)のが数学の肝です。
いろいろなパターンに慣れ、次回はしっかり得点を
取りに行きましょう。

 最初の大問1・2と、大問3以降の問1をしっかり
解けるようになれば、30点近く確保できます。

 →出題意図通り、30点近く得点した塾生がいました。
2月の私立高入試は、ビックリするような出題がある
かもしれませんが、基礎的な学力を問う問題も相当数
出題されるはずですので、まずは基本に忠実に取り
組んでいきましょう。

【英語】


・受験者数 4名 平均点 31.75点/60点
・受講直後「長文キツい・・・」
     「内容はほとんどわからない」
 →解説後「全文読まなくても解けるのか!」
     「いい線いってると思う」
・短評
 長文にかなり頭を使って問題を作成しました。
 出題にはある程度の「王道」(好み?)があるので、
それをなんとなくつかみに行けるよう意図しています。

 最後の長文、日本語解説で、なんとなくリアリティが
わいてきたのでは?と思います。こちらも、大問2は
すべて正解できるよう、語句のブラッシュアップと、
並べ替え問題でしっかり得点できるよう、文法の
おさらいをしましょう。

 →適語補充、動名詞を目的語にとる動詞
 (stop,finish,enjoy)、
前置詞+動名詞はほぼ毎年出題される鉄板です。
高校に進学しても、文法的に超重要ポイントと
なりますので、今からしっかり理解して得点源に
しましょう。

 長文の中の英文整序は、今回は関係代名詞を
中心に出題しました。関係代名詞や接続詞がらみ
では、学校裁量でもいやらしい出題がよくあり
ます。いろいろな文にふれておくとよいでしょう。

【総評】


・数学は全体的にもう少し得点できたはずです。
が、今この時点で悔しい(本当はかなり基本を
固めている問題ですが)思いをしておけば、
「次こそは!」という気持ちになって、前に
進めると思います。

 この経験を活かせるよう、こちらも一生懸命
指導しますので、一緒に合格目指してがんばり
ましょう!

2018 夏期講習会

2018 夏期講習会

・開催日程
 自 平成30年7月22日(日)
 至 平成30年8月15日(水)
 ※ 平成30年8月 4日(土)を除く、期間中の土日も開催します。
 ※ 7月21日は出張のため、開始日を1日繰り下げいたします。

共生舎の講習会はココが違う!

~アットホームな安心感~

・対話型カリキュラム
 講習開始前の事前相談から、講習終了まで、受講科目や学習内容を相談の上決定します。
 どの科目も、基礎を繰り返すもよし、幅広くやるもよし。お好みの内容で取り進めできます。

・時間帯の自由度
 この講座は、事前チケット制の講座です。お申込み時に、ご希望の講座数をお選びいただき、事前に講座数ぶんのチケットをお求め頂くこととなります。
 極小人数での取り進めのため、クラス分けを行っていませんので、予定していた受講日時がずれても、振替対応を柔軟にさせていただきます。
 ※平日夜間の通常授業時間帯にも振替を行いますが、塾生さんでチケットがない場合は、通常授業の料金適用となりますのでご注意ください。

・何回も同じ質問を繰り返してもOK!
 講師は、生徒さんがわかるまで、一緒に立ち止まって同じ目線から解決に導きます。ふだん質問できなかった疑問点などを、この機会にたくさん質問しましょう。

…そのほかにも、予想していた、いわゆる「講習会」との違いを、たくさん感じていただけると思います。
まずはお気軽に、お問合せ・ご相談ください!

講習タイプ


テキストの問題演習中心の「通常講座」、英検等各種検定や、得意・不得意箇所の重点指導中心の「特別講座」の2タイプからお選びいただけます。どちらに該当するかは、事前相談により決定いたしますが、どちらのタイプも講習料金は同一です。

講習時間帯


月・水・金 16:00~16:50 17:00~17:50
それ以外の曜日 15:00~15:50 16:00~16:50 17:00~17:50
※火・木の15時台は、特に予約優先とさせていただきます。

講習チケット料金


1単位 50分 小学生  1,500円  中高生  2,000円
5単位パック  小学生  7,000円  中高生  9,200円
10単位パック 小学生 13,000円  中高生 18,000円
※その他、相談により教材費を実費申し受けます(1科目あたり800円程度)

講習会生特典


・7月10日までのご相談・お申込みで2割引!(塾生共通)
・夜間通常授業の無料体験期間を、1週間から、講習期間中(約3週間)に延長!
・入塾の場合、入塾金(5,000円)無料!

詳細は、こちらのPDF(1MB)をご覧ください。

どうぞお気軽にご相談ください!

授業のようす 2018.6.5

こんばんは。久々の更新となりました。
なかなかブログまで手が回らず、多忙を極めております。
申し訳ございません。
少し時間が取れましたので、授業のようすを投稿します。

6月5日 火曜日

授業の一部です。
16:30~17:30 中2予約 数学・英語

まずは数学から。教科書の「章末問題」です。

直径12cmの円の中に、2つの小さい円を内接させたとき、
大きな半円の円弧と、2つの小さい半円の円弧の和は、
どちらが短いか、という問題です。

計算だけをするのではなく、普段から式の持つ意味を
考える習慣を持つことも大切になりますね。

続いて、英語。

予定の表現”be going to”と、未来の表現”will”の、
はっきりとした区別です。

受験英語となると、「ほぼ同じ意味で書き換えなさい」
という問題がよく出されます(最近は減ったような
気もしますが)。

本来はto不定詞が関係する文章であることを、
少し触れておいた方がよいと思うのですが、
実用性優先の考え方もわからなくもないので、
それはそれとして覚えてもらうのも悪くないと思います。

ただ、やはり、いきなりbe going toを持ち出されると
「何がgoingなのか」
「willとの違いは」
という、素朴な疑問に直面することもあります。

私自身も、中2でこのセクションに触れたとき、
同様の感覚を覚えました。
ただ、当時の私は、英語の新しいことを覚えることが
好きでたまらなかったので、その疑問よりも知識欲が
先行していて、とりあえず形で覚えていたものでした。

2つの疑問は、高校で解決されることになりました。

また、willの使い方として、実は名詞の意味として
「意志」という使い方もあります。

「レストランのオーダーで使うこともある」と
ある学校の英語の先生がおっしゃっていたのを聞き、
その詳細な解説を行いました。

(こうした、生きた英語を教えてくださる先生、ありがたいですね。)

こうした、日頃の「?」に、少しずつでも答えていけるよう、
私もスキルアップのための努力を重ねたいと
改めて思いました。

公立高入試!

こんばんはり塾長のタカハシです。

今日は公立高入試。

当塾からは、ことし4名の受験生と、1名の講習会生が挑みました。

昨日の中3生の社会のひとこま。

歴史についての総復習です。

近くの輪西神社に願掛け。

自己採点タイム。

一名、五科目合計で自己ベストを大幅に更新しそうです。

理科は見慣れない形式に頭を抱えていたようですが、それでもみんな頑張りました。

ほかにも、一名の塾生は、学区外の面接のみの試験があり、特に問題なく終了したとのことです。

合格発表は3月16日です。ドキドキしながら待ちます。

授業のもよう 2018.02.28

こんにちは。荒れ模様の室蘭より、塾長のタカハシです。

昨日は小学生の算数クラスと、中学生の夜間コースでした。

写真は小学生クラス、五年生の「立体」。

生徒本人の希望により、「展開図から立体を組み立てる」を実践。

角柱はうまくいったようですが、円柱には苦戦。3.14の計算はできていましたが、コンパスの半径がブレてしまったようです。

夜間は、中3生4名と、中1生1名でした。

冬の講習から来てくれている中3生は、数学の基礎がかなり固まってきました。答案への表し方、考え方や計算のポイントをだいぶ捕まえてきました。

初期からの塾生も、基礎固めが効いてきています。ケアレスミスが減ってきました。

中1生は、瞬発力があるので、瞬発力のつかいどころを指導していきます。

3/1は通常通り18時より営業予定です(11時からの一般英語が終わったところです)が、不要不急の外出は控えるよう警戒が必要とのことです。

もしお越しの際は、十分にお気をつけてお越し下さいませ(空いているから濃いレッスンが受けられるチャンスかも!?)