授業のようす 2018.6.5

こんばんは。久々の更新となりました。
なかなかブログまで手が回らず、多忙を極めております。
申し訳ございません。
少し時間が取れましたので、授業のようすを投稿します。

6月5日 火曜日

授業の一部です。
16:30~17:30 中2予約 数学・英語

まずは数学から。教科書の「章末問題」です。

直径12cmの円の中に、2つの小さい円を内接させたとき、
大きな半円の円弧と、2つの小さい半円の円弧の和は、
どちらが短いか、という問題です。

計算だけをするのではなく、普段から式の持つ意味を
考える習慣を持つことも大切になりますね。

続いて、英語。

予定の表現”be going to”と、未来の表現”will”の、
はっきりとした区別です。

受験英語となると、「ほぼ同じ意味で書き換えなさい」
という問題がよく出されます(最近は減ったような
気もしますが)。

本来はto不定詞が関係する文章であることを、
少し触れておいた方がよいと思うのですが、
実用性優先の考え方もわからなくもないので、
それはそれとして覚えてもらうのも悪くないと思います。

ただ、やはり、いきなりbe going toを持ち出されると
「何がgoingなのか」
「willとの違いは」
という、素朴な疑問に直面することもあります。

私自身も、中2でこのセクションに触れたとき、
同様の感覚を覚えました。
ただ、当時の私は、英語の新しいことを覚えることが
好きでたまらなかったので、その疑問よりも知識欲が
先行していて、とりあえず形で覚えていたものでした。

2つの疑問は、高校で解決されることになりました。

また、willの使い方として、実は名詞の意味として
「意志」という使い方もあります。

「レストランのオーダーで使うこともある」と
ある学校の英語の先生がおっしゃっていたのを聞き、
その詳細な解説を行いました。

(こうした、生きた英語を教えてくださる先生、ありがたいですね。)

こうした、日頃の「?」に、少しずつでも答えていけるよう、
私もスキルアップのための努力を重ねたいと
改めて思いました。

公立高入試!

こんばんはり塾長のタカハシです。

今日は公立高入試。

当塾からは、ことし4名の受験生と、1名の講習会生が挑みました。

昨日の中3生の社会のひとこま。

歴史についての総復習です。

近くの輪西神社に願掛け。

自己採点タイム。

一名、五科目合計で自己ベストを大幅に更新しそうです。

理科は見慣れない形式に頭を抱えていたようですが、それでもみんな頑張りました。

ほかにも、一名の塾生は、学区外の面接のみの試験があり、特に問題なく終了したとのことです。

合格発表は3月16日です。ドキドキしながら待ちます。

授業のもよう 2018.02.28

こんにちは。荒れ模様の室蘭より、塾長のタカハシです。

昨日は小学生の算数クラスと、中学生の夜間コースでした。

写真は小学生クラス、五年生の「立体」。

生徒本人の希望により、「展開図から立体を組み立てる」を実践。

角柱はうまくいったようですが、円柱には苦戦。3.14の計算はできていましたが、コンパスの半径がブレてしまったようです。

夜間は、中3生4名と、中1生1名でした。

冬の講習から来てくれている中3生は、数学の基礎がかなり固まってきました。答案への表し方、考え方や計算のポイントをだいぶ捕まえてきました。

初期からの塾生も、基礎固めが効いてきています。ケアレスミスが減ってきました。

中1生は、瞬発力があるので、瞬発力のつかいどころを指導していきます。

3/1は通常通り18時より営業予定です(11時からの一般英語が終わったところです)が、不要不急の外出は控えるよう警戒が必要とのことです。

もしお越しの際は、十分にお気をつけてお越し下さいませ(空いているから濃いレッスンが受けられるチャンスかも!?)

授業のもよう 2018.2.24

こんばんは。塾長のタカハシです。

今日は、14時から輪西教室で、中3生三名と、高二生一名の指導でした。

主に英語の長文読解、国語の長文読解、そして数学は数列の問題文の考え方でした。

18時からは、中央町ミニマムにて、移動授業でした。

国語のテスト解き直しと、数学の図形です。

数学は言葉から図形を連想させる問題に挑戦。

比較的得意というところから、得意なところまで高めたいですね。

授業のようす 2018.2.21

夜分遅くに失礼します!

ただいま帰宅の塾長タカハシです。

日付が変わり、中高生の塾生さんはいよいよ学年末テストです。

今回は、予告通り、数学の解説から。

軸を中心に回転させた図形の表面積です。

当塾では、手書きの解説を即座につくることが多いです。

あとでじゃんじゃん書き込んでもらえるようにしています。

ノートに貼る塾生さんもいます。

まずは図形を回転させて見取図を。

そして、図形がわかれないかを確認します。

そして、展開図を描きます。

円錐部分は側面のおうぎ形、円柱部分は側面の長方形を求めるときに、底面の円の半径を使います。

円錐の側面のおうぎ形の中心角は216°、円柱の側面の長方形の横の長さは12πであることがわかります。

それに基づいて、それぞれの面積を求め、最後に足します。

ただし、円錐の底面と円柱の上底はくっついているので、この面だけは出しませんので注意です。

今日はその他に、アメリカの地理、中1物理全般、高1数学の三角比(正弦定理と余弦定理)でした。

みなさんの健闘を祈ります!

授業のようす 2018.2.20

こんにちは。受験に期末試験に、皆さんは準備ができていますか?

今回は、中1英語のprogram8〜9の新出文法以外の要点の確認です。

What から始まる進行形の疑問文と、a member ofの説明です。なぜinではなくofなのかというところです。

英語のingと、日本語の「している」との感覚の違いです。

次は数学の解説を載せられるといいな…と思いながら、16時の小学生から授業スタートです!

授業のようす 2018.2.17

こんばんは。今日は14:00〜17:00に、室蘭輪西教室での通常授業、そして、18:00〜20:00に、不定期開催の「出前授業inミニマム@中央町」です。

輪西教室では、中3生3名と私立高校受験の解き直しと解説、高1生の数学(三角比)の問題演習、高2生の英検面接対策でした。

そして、今年はじめての移動教室。

中央町のミニマムさんで、希望に応じて開講しています。

中1生の立体の体積問題の演習です。

移動教室では、その場で問題を作成して解いてもらうことも多いです。

演習の反復で、知識を固めています。

土曜開講のおしらせ

こんにちは。塾長の髙橋です。
まもなく当塾では、中3「総合C対策」を実施予定です。

そして、今日は授業に関するおしらせを致します。

お得な特典がありますので、ぜひご覧ください!

「土曜開講のおしらせ」

11月より、共生舎は土曜授業を開講いたします。

開業より1年10カ月が経ち、さまざまな方に
お声がけをさせていただきましたが、
「輪西が遠くて通えない」
「平日はほかの習い事が」
というお声を多くいただいております。

そこで、まずは来る11月4日(土)より、
当面は輪西教室となりますが、土曜日の授業を
開講することといたしました。

時間は、ラウンジの営業時間である
14:00~17:00を、平日のオープンクラス
(18:00~21:30)同様の扱いとします。
※時間外の場合も極力対応いたしますので
 お気軽にご相談下さい。

ただし、特別講座や塾長の出張等で休講になる場合が
ございます。その際は事前にご連絡致します。
ぜひ、ご利用下さい。

【特典】

11月4日ご利用のかたは、1週間+1回分を
無料体験としてご利用いただけます!

【数学】中3 総合A解説作成

こんばんは。塾長の髙橋です。

中3生のみなさん、今学期2回目の学力テスト、お疲れさまでした。
今回から11月の学力テストまで、月に1度、いわゆる「総合A」
「総合B」「総合C」という、公立高校入試へのステップとなる
テストを受験することになります。
来月の総合Bも、英語・数学を中心に対策授業を行う予定ですので
気になるかたは当サイトの情報をチェックしてくださいね!

北海道学力テスト 第4回(総合A) 中3 数学 解説

当塾では、「総合A 数学解説」を作成しました。
塾生のみなさんは、こちらの専用ページより
確認してくださいね!
(塾生限定となっております。IDとパスワードを忘れた方はお申し出ください)

なお、今回は、6ページ中、特別に最初の2ページだけ公開します。
続きが気になる方は、ぜひ教室へお越しくださいませ!

【講師所感】


8月の学力テストよりは、比較的基本に忠実で解答しやすかったと思います。
ただ、次の問題は比較的、正答率が低めと予想されます。

*大問2 問1
「小数第2位を四捨五入」というところから、
小4で習う「概数」の「以上・以下」「~より大きい・未満」の考え方を
使えるかどうか?がポイントとなります。

*大問3 問3
「パーセントの計算を正しくとらえられるか」ということ、
そして、「今年の人数と昨年の人数を混同しないか」、
この2点がポイントとなります。

特に、このような問題では、「x,yで表されるものは何なのか」を
常に忘れないように意識しておく必要があります。

*大問5 問2
2乗してルートを外した姿が、平方数(何かの2乗である数)になること、
そして、aが自然数なので、【正の整数】のみとなることが
ポイントになります。

*大問6 問2
兄が忘れ物を探した6分をグラフから漏らさないようにしましょう。

*大問7 問1
いわゆる「三段論法」を使った証明は、最近よく出題されますので、
この機にマスターしておきましょう。