それぞれの3.18と当塾の方針と。

本日、北海道公立高校入試の合格発表となりました。
合格を手にされた受験生の皆様、おめでとうございます。
残念ながら手が届かなかった受験生の皆様も、自らの
全てを出し切った事と思います。
本当にお疲れ様でした。

当塾塾生については、全戦全勝とはいかなかったまでも、
全員が自己ベストを叩き出していました。
残念ながら結果に手が届かなかった塾生さんからも、
「やることはやりました。後悔はありません。」
という、頼もしい言葉を貰いました。

これは、全員が全力で挑んでくれたことの証左であり、
塾長として、心から誇りに思います。

もちろん、合格はしたものの、出願まで第一志望校を
悩みに悩み、学力に応じたところから活路を見出し、
むしろ早くから職業教育を受けよう、そういった
塾生さんもいます。

この業界は、いわゆる進学校に合格させてナンボと
いうところは否めないもので、もちろんそういった
実績も大切なところはあるでしょう。

しかし、当塾の理念は、それが中心ではありません。

長い人生、自分の意思で、後悔のない選択をして、
知見を得たり考えを整理したりするときに、
この場所が必要であれば、という理念です。

もちろん、進学校に自分の目的があるのなら、
そちらを選べばよいし、そこに自分の目的が
ないのなら、目的を探しながら学べる学校に
進学すれば良いと思うのです。

今回の入試結果は、当塾にその原点を再度
確認させてもらう機会になりました。

当然、塾長として力及ばず、反省すべき点もありました。
申し訳ないという思いもいっぱいです。
言い訳をしているのでは、と見られても、
仕方がないことだと思います。

しかし、「後悔はない」という言葉が全てです。
全力で戦った塾生さんの、少しでも力になれたという
そのことが全てであるべきと思います。

今回のことは、長い人生の中の通過点です。

ここで学んでくれた4名の塾生さんは、
この先きっと、それぞれの中で自己を確立し、
進みたい道を進んでくれるものと確信しています。

ささやかでも、そのお手伝いができればとの思いで、
今日もレクチャーを務めさせていただきました。

4名の塾生さん、一人一人に、
心から敬意と賛辞を送ります。
お疲れ様でした。

【重要】春休み以降の取り進めについて(教材斡旋)

こんばんは。
いつも当塾サイトをごらんいただき、ありがとうございます。

さて、本日は重要なお知らせがございます。

春休み以降の通常授業取り進めについて

従来、当塾では、ご家庭でのご負担を軽減するために、
学校の宿題のチェック、ワーク持ち込み等を許可し、
教材の斡旋については、季節の講習会時期のみ、限定的に
行なっておりました。

今般、新学期を迎えるにあたり、当塾の運営方法について
見直しを進めているところであります。

今度の春休みより、教材斡旋により教室運営の能率を上げ
たいと考えております。
つきましては、なにとぞ事情ご賢察の上、ご協力のほど
よろしくお願いいたします。

詳細は、以下のPDFファイルをご覧くださいませ。
春休み以降の取り進めについて(教材斡旋)

なお、4月より若干、

教室運営方針を変更したいと考えています。

出席の塾生さんとも意見交換しながら、方針を設定して
参りたいと思います。詳細は追ってご案内いたします。

データのバラつき〜偏差と相関係数〜

*国語と数学の小テストがあって、それぞれ10点満点とします。
両方の小テストの結果に、なんらかの関係はあるのでしょうか。

そんなことを考えるのが、この領域になります。

平均との差を、わざわざ2乗する意味

正の値と負の値をそのまま、
【平均の計算】として足し算をすると、
正の値と負の値が打ち消し合います。

そうなると、
データ全体で見た時、それぞれのデータが、
平均値からどれだけ離れているのか、
ということがわからなくなります。

だから、2乗をすることで、散らばり方を
「見える化」させる必要があるのです。

だから、標準偏差には平方根がつく

分散の正の平方根が標準偏差です。
根号の中で分数になっているのが、
分母・・・データの総数
分子・・・データの散らばり(分散)
※2乗しないと「見える化」できない!

ということです。

こちらが問題と式の適用方法です。

ちょっと脱線。
お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが
当塾では、塾長の事務補助ツールとして
iPad Proを導入しました。

1台だけで、塾長の事務関係のデータや、
店舗の店長のデザイン関係のデータが
増えていく予定なので、
塾長の管理下で使うことになります。

この、
画面に書き込む→印刷する

が、けっこう好評になっています。

さて、本題に戻ります。

そして、求められた相関係数は、
1に近ければ正の相関
ー1に近ければ負の相関
0に近ければ相関関係なし

というものでした。

今回の答え、相関係数0.62は、
まあ、それなりの相関関係があるということですね。

これは数学の話ではないのですが…
国語の出来と数学の出来がある程度関係している、
ということは、数学の小テストが記号を読み解いたり
論理的な処理を求められるものであったり、
表現力が問われるものだったりするかもしれない、

という予測も立てることができそうですね。

統計は、データを出すことがゴールではないのです。
数字は平気で嘘をつくこともあります。

ということを気づかせてくれる単元ですね。

———————————————

ここから先は宣伝です

———————————————

この問題に当たっていた塾生さんも受けてくれました

英数入試プレテスト

第3回目の実施日は、3月3日(日)です!

私立で同じような問題が出ました!

(第2回プレテスト受験者)

しっかりやっておくと入試が本当に楽!

(昨年のプレテスト受験者;今回の標準偏差のお話の塾生)

入学生代表挨拶!

(昨年のプレテスト受験者)

などなど、実は当塾の隠れ人気メニューです。
他塾生、他地域の学生さんも歓迎します。

科目は数学と英語の2教科です。
受験料 3,500円(塾生、紹介生500円引)

お申込み、お問い合わせは
共生舎 代表 高橋 090-6878-7168 まで
お気軽にご連絡くださいませ!

2019.2.22 前半ダイジェスト

ひさしぶりのブログ更新となりました。

今日は、16時の中3、小6予約からスタート。
いずれも数学(算数)です。

中3生1名から、先の私立高校受験の結果を
教えてもらいました。

見事合格!


入試の点数としては、もう少し欲しかった、
とは本人談ですが、
公立高校入試へのよい試金石になったのでは
ないでしょうか。

平成28年数学の過去問にアタック。
三角形の「平行線と線分の比」のレクチャーです。
このときは、

「2組の辺の比と、その間の角がそれぞれ等しい」

という相似条件を使う問題でしたね。
相似の問題では、長さの比が与えられていたら、
相似比に持ち込むのが鉄則。

小6の塾生には、熱い要望に応える形で中学の先取り。

正負の数です。
塾長も中学生になりたての頃は苦労しました。

自然数とは?

正の整数を指す。

負の数、分数、小数、ゼロ(一応)などは
自然数ではない。

何が自然なのか?=目に見えて1,2,3,…と
数えられる。何も手を加えなくても数を
認知することができる、ということ。

分数は、1を何等分かにしたものなので、
自然のものに手を加えるということになる。

負の数は、基準=0を「観念」した上で
それより足りない数の話をしているので
自然のものではなく、思考の手を加えて
いるものである。

などなど。

ここまでのお話をじっくり、
なるべく理解しやすいように噛み砕いて
説明しました。

結構間違えるのが、この写真の②のところです。

(例)3ー(ー7)=10

さて、今日の前半の記録はこの辺で。

(って、中1〜中2の学年末試験が終わった日だから、今日は少ないかも。)

第1回 英数入試プレテスト(追記あり)

【結果と講評】


第1回 英数入試プレテスト 実施いたしました。

受講された4名の方、お疲れさまでした。
&ご利用ありがとうございました。
受講生の声を交えて、速報をお伝えいたします。

【数学】


・受験者数 4名 平均点 18.0点/60点
・受講直後「学力テストのほうがまだ簡単!」
 →解説後「やり方がわかれば!」
     「計算ミスさえなければ!」
・短評
 今回の経験から、基本の計算は必ず得点できるよう
しっかり復習しましょう。出題は昨年のプレテストより
かなり楽にしていました。

 視点を変える(発想を転換する)のが数学の肝です。
いろいろなパターンに慣れ、次回はしっかり得点を
取りに行きましょう。

 最初の大問1・2と、大問3以降の問1をしっかり
解けるようになれば、30点近く確保できます。

 →出題意図通り、30点近く得点した塾生がいました。
2月の私立高入試は、ビックリするような出題がある
かもしれませんが、基礎的な学力を問う問題も相当数
出題されるはずですので、まずは基本に忠実に取り
組んでいきましょう。

【英語】


・受験者数 4名 平均点 31.75点/60点
・受講直後「長文キツい・・・」
     「内容はほとんどわからない」
 →解説後「全文読まなくても解けるのか!」
     「いい線いってると思う」
・短評
 長文にかなり頭を使って問題を作成しました。
 出題にはある程度の「王道」(好み?)があるので、
それをなんとなくつかみに行けるよう意図しています。

 最後の長文、日本語解説で、なんとなくリアリティが
わいてきたのでは?と思います。こちらも、大問2は
すべて正解できるよう、語句のブラッシュアップと、
並べ替え問題でしっかり得点できるよう、文法の
おさらいをしましょう。

 →適語補充、動名詞を目的語にとる動詞
 (stop,finish,enjoy)、
前置詞+動名詞はほぼ毎年出題される鉄板です。
高校に進学しても、文法的に超重要ポイントと
なりますので、今からしっかり理解して得点源に
しましょう。

 長文の中の英文整序は、今回は関係代名詞を
中心に出題しました。関係代名詞や接続詞がらみ
では、学校裁量でもいやらしい出題がよくあり
ます。いろいろな文にふれておくとよいでしょう。

【総評】


・数学は全体的にもう少し得点できたはずです。
が、今この時点で悔しい(本当はかなり基本を
固めている問題ですが)思いをしておけば、
「次こそは!」という気持ちになって、前に
進めると思います。

 この経験を活かせるよう、こちらも一生懸命
指導しますので、一緒に合格目指してがんばり
ましょう!

冬の入試特講(英数)について

中3生必見!全4回の入試対策講座

今年、共生舎では、冬季講習を中3に特化して開講します。

英数 入試対策講習会


冬休み中の毎週土曜、14時から17時まで、全4回、
各回独立で行います。

1~3回目は、必ず得点したい基本的な問題と、
毎年欠かさず出題される「王道」の問題に、
じっくり解きつつ、時間配分も考える内容です。

そして4回目は、昨年好評だった「英数プレテスト」を
模した実力診断テストを行います。
※英数プレテストも別途開催予定です。詳しくは後日。

スケジュール


・12月22日(土) 第1日目
 14:00~14:45 数学 計算領域
 15:00~15:45 英語 文法と並べ替え
 16:00~17:00 実力確認小テスト

・12月29日(土) 第2回目
 14:00~14:45 数学 関数徹底解析
 15:00~15:45 英語 長文読解・会話文
 16:00~17:00 実力確認小テスト

・1月5日(土) 第3回目
 14:00~14:45 数学 図形徹底解析
 15:00~15:45 英語 長文読解・エッセイ
 16:00~17:00 実力確認小テスト

・1月12日(土) 第4回目
 14:00~14:45 数学 おさらい模試
 15:00~15:45 英語 おさらい模試
 16:00~17:00 模試解説

諸条件


・対象 中3生(先取り希望も歓迎)
・1日 3,000円
 ※塾生、紹介生は500円引き
・日程に不都合がありましたら振替対応も致します
・入塾検討の場合、通常授業2週間無料特典!

お申込み、お問合せ

共生舎 スタディラウンジむろらん
代表 髙橋 慎吾

電話 090-6878-7168
メール official_taka@hotmail.com

受験前の訓練を重ねるチャンス!


お申込み、お問合せ、心よりお待ち申し上げます。

概要のPDFはこちらよりご確認ください。


【中3理科】星座のおはなし

こんばんは。
全然ブログを書く余裕がなく、中3総合Cも、中学校の期末試験も終わっていました…

最近の教室はといえば、
・小学生たちは次の学年を意識し始め
・中1、中2たちは期末試験の結果に一喜一憂し
・中3生は次のテストに向けてまたエンジンを掛け
・高校生はそれぞれの目標に向けて突き進み

といった状況です。

今日で、室蘭の中学校の遅い日程の期末試験が終わったところです。
昨日の授業のひとこまから、星座の見え方についてお話しします。

みなさんは、何座生まれですか?

塾長の私は、10月26日生まれで、てんびん座が終わってすぐのさそり座です。
ということは、10月下旬~11月中旬まで、
さそり座は夜の空では見ることができないということになります。

さそり座が真夜中に南中する(一番真上に来る)のは、6月頃ですが、

この図からわかるように(乱雑ですみません)、6月の反対側、つまり冬側に地球が動くと、
さそり座は太陽側になってしまうため、夜中にみることができなくなります。

生まれた日の星座って?

つまり、「さそり座」など、生まれた日の星座は、
生まれた頃に、太陽に隠れてしまって、夜の空で見えない
「太陽星座」が、一般的に言われていることになるのです。

さそり座とはほぼ正反対の位置にあるおひつじ座。
昨日指導に当たらせていただいた塾生さんは、ふたりともおひつじ座でした。
もう一度、写真を見てください。

おひつじ座は、おうし座の前の順番です。
つまり、写真では、おうし座より少しだけ下の位置に、おひつじ座があることになります。

このとき、おひつじ座に太陽をはさんで反対側となる地球の位置は、3月下旬~4月上旬
(写真の上の地球の位置からやや左)となります。

地球の自転と交点

どっちの向きからどっちの向きに?と、よくわからなくなります。そんなときは。
右手の指先を、上に向けてみてください。
それから、その右手を、電球やねじを閉める方向に回してみてください。

小指→親指の方向に回りますよね。

つまり、

指先=北、手首=南、小指→親指=西→東

とおぼえておくとよいですね。

これで、いつごろの、どの空に、何の星座が?という問題が解きやすくなります。

そして、それぞれの地球の位置で、太陽のあたる側とあたらない側に線を引きます。
(黒板参照)

次に、自転の向きに地球が回る、と考えると、日の入り=西、日の出=東となります。

記事の長さの都合上、きょうはこのへんで・・・。

【英語】綴り・文字・発音

今日のレクチャーの一部から。

“name” “take” なめ茸!?

*なぜ”name”は「ナメ」ではなく、”take”は「タケ」ではないのか?

・英語っぽく読むには、ある程度流れるように読む…ローマ字読みとは違う!
・2文字目のaの前後に子音…1文字目の音は「軽く当てる」→2文字目のaで1音節。
・3文字目の子音でまた仕切り直し。

口の形も意識できるといいですね。

*黙字の”gh”

直前までの文字で、長母音(長めのエィ、オゥなど)のあとは、
長母音で”エネルギー”を使うため、次の音のために口を準備するため、読みません。
sigh, high などもこれに準じます。

※本当はカタカナをふりたくはないのですが、やむを得ずです。
※塾長も専門書であらためて勉強中です。

【数学】公式に縛られず

こんばんは。久々の塾長ブログ更新です。

日付が変わって、もう昨日のことになりましたが、中2生2名と、高1生1名でした。

今回は、高1の数学からです。

“三乗”引く”三乗”の因数分解です。

右下の黄色で記された部分が、いわゆる「公式」となります。覚えていれば、これを一発であてはめるのもありでしょう。

しかし、ただでさえ覚えることが多すぎる高校生活。できれば、暗記よりは体得したいですよね。

急がば回れ。

ある数の和や差を三乗する展開を考え、展開で得られた数式と、今回の”三乗引く三乗”の因数分解との差をなくすように考えます。

このようにして、三乗の因数分解公式を忘れた、あるいは知らないという場合でも、力技で解答を導き出すことができます。

もちろん、公式は覚えていて損はないですが、あくまでもこれは、数学をさらに学んでいく上では通過点です。

公式を忘れたときは、どうやったら導き出せるのか考えながら答案を作るとよいですね。

授業のようす 2018.6.5

こんばんは。久々の更新となりました。
なかなかブログまで手が回らず、多忙を極めております。
申し訳ございません。
少し時間が取れましたので、授業のようすを投稿します。

6月5日 火曜日

授業の一部です。
16:30~17:30 中2予約 数学・英語

まずは数学から。教科書の「章末問題」です。

直径12cmの円の中に、2つの小さい円を内接させたとき、
大きな半円の円弧と、2つの小さい半円の円弧の和は、
どちらが短いか、という問題です。

計算だけをするのではなく、普段から式の持つ意味を
考える習慣を持つことも大切になりますね。

続いて、英語。

予定の表現”be going to”と、未来の表現”will”の、
はっきりとした区別です。

受験英語となると、「ほぼ同じ意味で書き換えなさい」
という問題がよく出されます(最近は減ったような
気もしますが)。

本来はto不定詞が関係する文章であることを、
少し触れておいた方がよいと思うのですが、
実用性優先の考え方もわからなくもないので、
それはそれとして覚えてもらうのも悪くないと思います。

ただ、やはり、いきなりbe going toを持ち出されると
「何がgoingなのか」
「willとの違いは」
という、素朴な疑問に直面することもあります。

私自身も、中2でこのセクションに触れたとき、
同様の感覚を覚えました。
ただ、当時の私は、英語の新しいことを覚えることが
好きでたまらなかったので、その疑問よりも知識欲が
先行していて、とりあえず形で覚えていたものでした。

2つの疑問は、高校で解決されることになりました。

また、willの使い方として、実は名詞の意味として
「意志」という使い方もあります。

「レストランのオーダーで使うこともある」と
ある学校の英語の先生がおっしゃっていたのを聞き、
その詳細な解説を行いました。

(こうした、生きた英語を教えてくださる先生、ありがたいですね。)

こうした、日頃の「?」に、少しずつでも答えていけるよう、
私もスキルアップのための努力を重ねたいと
改めて思いました。