それぞれの3.18と当塾の方針と。

本日、北海道公立高校入試の合格発表となりました。
合格を手にされた受験生の皆様、おめでとうございます。
残念ながら手が届かなかった受験生の皆様も、自らの
全てを出し切った事と思います。
本当にお疲れ様でした。

当塾塾生については、全戦全勝とはいかなかったまでも、
全員が自己ベストを叩き出していました。
残念ながら結果に手が届かなかった塾生さんからも、
「やることはやりました。後悔はありません。」
という、頼もしい言葉を貰いました。

これは、全員が全力で挑んでくれたことの証左であり、
塾長として、心から誇りに思います。

もちろん、合格はしたものの、出願まで第一志望校を
悩みに悩み、学力に応じたところから活路を見出し、
むしろ早くから職業教育を受けよう、そういった
塾生さんもいます。

この業界は、いわゆる進学校に合格させてナンボと
いうところは否めないもので、もちろんそういった
実績も大切なところはあるでしょう。

しかし、当塾の理念は、それが中心ではありません。

長い人生、自分の意思で、後悔のない選択をして、
知見を得たり考えを整理したりするときに、
この場所が必要であれば、という理念です。

もちろん、進学校に自分の目的があるのなら、
そちらを選べばよいし、そこに自分の目的が
ないのなら、目的を探しながら学べる学校に
進学すれば良いと思うのです。

今回の入試結果は、当塾にその原点を再度
確認させてもらう機会になりました。

当然、塾長として力及ばず、反省すべき点もありました。
申し訳ないという思いもいっぱいです。
言い訳をしているのでは、と見られても、
仕方がないことだと思います。

しかし、「後悔はない」という言葉が全てです。
全力で戦った塾生さんの、少しでも力になれたという
そのことが全てであるべきと思います。

今回のことは、長い人生の中の通過点です。

ここで学んでくれた4名の塾生さんは、
この先きっと、それぞれの中で自己を確立し、
進みたい道を進んでくれるものと確信しています。

ささやかでも、そのお手伝いができればとの思いで、
今日もレクチャーを務めさせていただきました。

4名の塾生さん、一人一人に、
心から敬意と賛辞を送ります。
お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です