それぞれの3.18と当塾の方針と。

本日、北海道公立高校入試の合格発表となりました。
合格を手にされた受験生の皆様、おめでとうございます。
残念ながら手が届かなかった受験生の皆様も、自らの
全てを出し切った事と思います。
本当にお疲れ様でした。

当塾塾生については、全戦全勝とはいかなかったまでも、
全員が自己ベストを叩き出していました。
残念ながら結果に手が届かなかった塾生さんからも、
「やることはやりました。後悔はありません。」
という、頼もしい言葉を貰いました。

これは、全員が全力で挑んでくれたことの証左であり、
塾長として、心から誇りに思います。

もちろん、合格はしたものの、出願まで第一志望校を
悩みに悩み、学力に応じたところから活路を見出し、
むしろ早くから職業教育を受けよう、そういった
塾生さんもいます。

この業界は、いわゆる進学校に合格させてナンボと
いうところは否めないもので、もちろんそういった
実績も大切なところはあるでしょう。

しかし、当塾の理念は、それが中心ではありません。

長い人生、自分の意思で、後悔のない選択をして、
知見を得たり考えを整理したりするときに、
この場所が必要であれば、という理念です。

もちろん、進学校に自分の目的があるのなら、
そちらを選べばよいし、そこに自分の目的が
ないのなら、目的を探しながら学べる学校に
進学すれば良いと思うのです。

今回の入試結果は、当塾にその原点を再度
確認させてもらう機会になりました。

当然、塾長として力及ばず、反省すべき点もありました。
申し訳ないという思いもいっぱいです。
言い訳をしているのでは、と見られても、
仕方がないことだと思います。

しかし、「後悔はない」という言葉が全てです。
全力で戦った塾生さんの、少しでも力になれたという
そのことが全てであるべきと思います。

今回のことは、長い人生の中の通過点です。

ここで学んでくれた4名の塾生さんは、
この先きっと、それぞれの中で自己を確立し、
進みたい道を進んでくれるものと確信しています。

ささやかでも、そのお手伝いができればとの思いで、
今日もレクチャーを務めさせていただきました。

4名の塾生さん、一人一人に、
心から敬意と賛辞を送ります。
お疲れ様でした。

【緊急】塾生募集について

当塾では、3月中旬以降の通塾休止生が想定より多くなったことから、下記の条件にて緊急募集を行います。

【特別条件】

・募集人員:新中1、新中2、新中3 各2名ほど

・当サイト、告知ポスター等(これから作ります)をご覧になったか、塾生の紹介で見学、面談に入った方

・特典

①入会金免除(通常5,000円)、4〜6月空調費(1,500円)免除!

②無料通塾体験1週間中に入塾決定の場合、

なんと!3月中の授業料免除!

※他にも特典を追加するかもしれません。

どうぞみなさま、よろしくお願い申し上げます!

【重要】春休み以降の取り進めについて(教材斡旋)

こんばんは。
いつも当塾サイトをごらんいただき、ありがとうございます。

さて、本日は重要なお知らせがございます。

春休み以降の通常授業取り進めについて

従来、当塾では、ご家庭でのご負担を軽減するために、
学校の宿題のチェック、ワーク持ち込み等を許可し、
教材の斡旋については、季節の講習会時期のみ、限定的に
行なっておりました。

今般、新学期を迎えるにあたり、当塾の運営方法について
見直しを進めているところであります。

今度の春休みより、教材斡旋により教室運営の能率を上げ
たいと考えております。
つきましては、なにとぞ事情ご賢察の上、ご協力のほど
よろしくお願いいたします。

詳細は、以下のPDFファイルをご覧くださいませ。
春休み以降の取り進めについて(教材斡旋)

なお、4月より若干、

教室運営方針を変更したいと考えています。

出席の塾生さんとも意見交換しながら、方針を設定して
参りたいと思います。詳細は追ってご案内いたします。

平成31年度 北海道公立高校入試 1日目終了

受験生の皆さん
1日目お疲れ様でした!

当塾からは、今年は4名の受験生が挑んでいます。
1日目、本日の筆記試験では、皆が自己ベスト更新を
達成しています。

受験校や合格順位などを考えると、不本意な結果が
あったという塾生さんもいたとは思いますが、
直前まで不安だ!と言いながらも、爪痕をしっかりと
残してきてくれたことに、まず敬意を表します。

この教室で、最終調整をしてくれてありがとう。
明日、面接で自分の思い通りになることを
心から願っています。

数学短評

比較的、基本問題が多かったと思いますが、大問3の
魔法陣については、新傾向?やや奇をてらった出題でした。
しっかりと内容を吟味し、意味を考えて連立方程式を
立式させなくてはならない問題で、差が出るとすれば
この問題になるかと思います。

対して、大問4の関数は、例年に比べればとても易化。
大問5の図形も、比較的易しい問題でした。
「今年は難化する」という塾長予想は外れましたが、
証明でいつも空欄だった塾生さんが爪痕を残したり、
落ち着いて座標を求めていたところを見て、嬉しく思いました。

大問4、直角三角形から共通の角の大きさを引く問題は、
北海道の公立高入試数学の、いわば「お家芸」です。
必ず三段論法で、というのも当たりました。

英語短評

第3回目のプレテストで、リスニングとして出題しました
「ホテルの宿泊客への案内」が、形式を変えて入試問題に登場!
ここでもプレテストが的中という奇跡です。

また、当塾の塾生でも一番成果が現れた科目であり、
塾生平均も、英語だけは見事にずば抜けていました。
(自己採点で50点台という猛者も…!
私も確認させていただきましたが間違いないでしょう)

また、この猛者でも2問誤ったというリスニングを
完全正解したという猛者もいます。

長文である大問4は、読みやすいのですが、出題はトリッキー。
今年は引っ掛けもあり、また英作文(語句補充)も
smallを入れなければ書きやすかった内容であったり、
なかなか侮れない出題だったように思います。

総合的には


合格者平均点は昨年より10点程度(5科目)上がるだろうという
大手さんの見込みには、私も共感を覚えるものです。

来年は国語の8点問題の指導も重点的にしたいですね。

第3回 英数入試プレテスト 数学

こんにちは。
つい今しがた、第3回入試プレテストが終わりました。
まだ受験していない塾生もいますので、詳細は後程となります。

入試の出題形式に触れ、分析をしたいと思います。

数学


〜今年こそ難化か?〜

概略


過去2年は、標準問題では解きやすい問題が揃いました。
ただ、ところどころ頭をひねる問題もありますので、
油断大敵、という内容だったように思います。

昨年は難化見込みでプレテストを作成しました。
それが功を奏してか、標準問題受験者の当塾平均点は
40点台に達していました。

差し迫った学習指導要領改訂に向け、発想力を問う問題が
多くなるような予感がしています。

大問1 小問集合 18〜21点


できればここは、すべて得点できるようにしてほしいところです。
プレテストではちょっと値が???なものも扱いましたが、
それでも計算方法は基本中の基本です。
実際でも、まれに三平方の定理で扱う平方根の数が、
大きい素数になったりすることがあります。
落ち着いて、基本に忠実にいきたいのがこの大問1です。
計算領域の出題が多いです。

大問2 小問集合 14〜16点


方程式、測量などの基本領域ですが、大問1より
少しだけレベルが上がります。
それでも、比較的基礎の問題が多いので、ここも
得点源にできるとよいでしょう。
数の性質や方程式などで穴埋めが出題されます。
問題をよく読んで、題意に沿う文字や数を答えましょう。

大問3 確率 または 資料の整理 10点程度


この領域も、問題をしっかり読んで理解することと、
基本的な計算技術は押さえておくことが必要となります。
特に資料の整理では、平均値、中央値、相対度数などの指標、
確率では「少なくとも」→「1-該当しない確率」などは
必ず押さえておきたいポイントになります。

資料の整理の問題では、度数分布表やグラフから、
読み取れることを言葉で表すような問題もありますので、
日頃から内容を口頭で説明できるようになるとよいでしょう。

大問4 関数 10点程度


まずは定点の座標を求めるところから始まるのがセオリーです。
定数が変わる場合は、定数「a=◯とする」や、
「定数aを求めなさい」といった、問いと答えに注意です。

問3には、4点の計算問題が出題されます。
鍵となる点の座標を求めるだけで、1〜2点の中間点が
もらえますので、爪痕はしっかりと残しましょう。

*「三角形の面積」→とにかくまず座標。そして、
どの辺を底辺とするか、高さとするか、もしくは、
底辺や高さをxy軸で切って考えるか。
どうにもならない場合は、3点を通る長方形などを描き、
周りの三角形の面積を、長方形の面積から引く。

*「面積二等分の直線」→頂点と底辺の中点を結ぶ。

大問5 図形(証明・測量) 8点程度

問1は証明問題で5点です。
5点ということは、ほぼ必ず「三段論法」が出ます。

A=B、 B=C、よってA=C、という証明の論法です。
合同なのか相似なのか、三角形がらみではまず、
「△ABCと△DEFで」のように書き始めます。
仮定でも合同や相似条件にからむ内容が書ければ中間点あり。

まれに三角形が絡まないこともあります。
その場合は、辺の長さや角度の大きさに絡む内容が書ければ
中間点あり、となります。

*今回のプレテスト受験者には
学校裁量問題採用高受験者はいませんでした。