脱線してナンボ?

こんばんは。
きょうの授業のもようをお伝えします。
結構脱線しながらの授業でしたが、
いい空気で終始展開できてよかったです。

16:00~17:00 小6生


 正多角形の勉強です。
 途中から、1つの角の大きさの話になり、
 三角形の組み合わせから、180×(n-2)の
 話を先取りで伝えました。

18:00~ 中1生/高1生


 高1生は学校の宿題の補助ですが、
 ほとんど自分で取り進めていました。
 中1生は、割合の復習がてら、利益の計算、
 割引の計算、そして標本調査につながる
 ことを交えてのレクチャー。

 その後、地理の話をしていたのですが、
 生徒さんの関心のある歴史の話にシフト。

 地理は地理、と割り切ってしまうよりは、
 歴史のストーリーと地理とのつながりを
 見出すことが、どちらの領域も想像力を
 ふくらませながらの学習につながり、
 意欲の向上につながるようです。

脱線?

 私自身、学生時代、余談で生徒を巻き込んで
 一緒に楽しく語らうような先生の存在が
 嬉しく思える学生でした。

 本論としてはかなり脱線でしたが、あとで
 「こんなことを言っていたっけ」と、
 一部でも記憶に残っていればと思いました。

 脱線から、関心を強めていったのも、私自身の
 英語の学習でした。

 英語の授業で教科書の後ろに載っている歌を
 聴かせてもらい、「そういえば」と思って
 気になっていた、Eric Claptonの
 ”Change the World”を引っ張り出し。

 サビの終わりの半音ずつ下がるコード進行、
 見たことのない英単語、その両方に惹かれ、
 歌詞の対訳から、「仮定法過去」に触れた、
 中1終わりの春。

 それから、当時通っていた塾で、英語の先生が
 either A or B の話をしてくださった後、
 休み時間に neither A nor B という話や、
 口語の ain’t などのお話をしてくださり、
 英語の奥の深さにますますハマッていきました。

 学校の英語の授業も楽しくなりました。
 中1の頃、苦痛で仕方なかったノートづくりも、
 それ以来、楽しくて仕方がなくなりました。
 新しい単語との出会いが新鮮で、うれしかったのです。

 そんな経験を、科目や領域が違っても、
 私が受け持たせていただいている生徒さんにも、
 味わっていただけたら、と思っています。

本日も長文にお付き合いいただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です