【英語】someの語法

こんばんは。久しぶりの更新となりました、
当塾の授業の模様をお伝えするブログです。

今日は、案外狙われやすい!?someのお話です。
中3 Sunshine の教科書では、Program5-1で使われます。

7~8行目に、このような文があります。

“Some people call them sushi train restaurants.”

複数名詞にsomeをつけることで、まず浮かぶのは、
「いくつかの」という日本語でしょう。
あながちまちがいではありませんが、日本語の感覚として

「何人かの人々は、それら(回転寿司レストラン)を
 寿司列車レストランと呼ぶ」
というと、ちょっと「?」と思ってしまいませんか。

someのコアイメージ

someの中心となるイメージは
「ぼんやりとした数量で存在している」ことです。

ちなみに、英英辞書にはこのようなことが書いてありました。

“used to refer to an amount of something
or a number of people or things
when the amount or number is not given”
「量や数が与えられていないときに、
 人や物の量や数を参照するときに使われる」

“Some people call them sushi train restaurants.”
「それらを寿司列車レストランと呼ぶ人もいる」

こちらのほうが、日本語としてしっくりきますよね。

日本語から英語にするときの、言葉のアヤ

英作文をするとき、日本語に「~する人もいる」と
書かれている場合、「いくつかの」というイメージが強くて
someが使えるかわからないことはないでしょうか。

丸暗記をするには、英語も日本語も限度がありますよね。
そういうときに、コアイメージ(中心となるイメージ)を
つかめるようになると、抵抗なく言葉を使えるようになります。

意外な使い道(?)のsomeを学ぶことを機に、
コアイメージを学んでみてはいかがでしょうか。

“【英語】someの語法” への2件の返信

  1. 面白いです。
    なるほど、コアイメージは大切。
    someは単に「何人か、いくつか、2〜5くらい」ではないのですね。
    言葉は文化。
    「any」もよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です