【数学】中3 総合A解説作成

こんばんは。塾長の髙橋です。

中3生のみなさん、今学期2回目の学力テスト、お疲れさまでした。
今回から11月の学力テストまで、月に1度、いわゆる「総合A」
「総合B」「総合C」という、公立高校入試へのステップとなる
テストを受験することになります。
来月の総合Bも、英語・数学を中心に対策授業を行う予定ですので
気になるかたは当サイトの情報をチェックしてくださいね!

北海道学力テスト 第4回(総合A) 中3 数学 解説

当塾では、「総合A 数学解説」を作成しました。
塾生のみなさんは、こちらの専用ページより
確認してくださいね!
(塾生限定となっております。IDとパスワードを忘れた方はお申し出ください)

なお、今回は、6ページ中、特別に最初の2ページだけ公開します。
続きが気になる方は、ぜひ教室へお越しくださいませ!

【講師所感】


8月の学力テストよりは、比較的基本に忠実で解答しやすかったと思います。
ただ、次の問題は比較的、正答率が低めと予想されます。

*大問2 問1
「小数第2位を四捨五入」というところから、
小4で習う「概数」の「以上・以下」「~より大きい・未満」の考え方を
使えるかどうか?がポイントとなります。

*大問3 問3
「パーセントの計算を正しくとらえられるか」ということ、
そして、「今年の人数と昨年の人数を混同しないか」、
この2点がポイントとなります。

特に、このような問題では、「x,yで表されるものは何なのか」を
常に忘れないように意識しておく必要があります。

*大問5 問2
2乗してルートを外した姿が、平方数(何かの2乗である数)になること、
そして、aが自然数なので、【正の整数】のみとなることが
ポイントになります。

*大問6 問2
兄が忘れ物を探した6分をグラフから漏らさないようにしましょう。

*大問7 問1
いわゆる「三段論法」を使った証明は、最近よく出題されますので、
この機にマスターしておきましょう。