【英語】接続詞とwill

こんばんは。塾長のタカハシです。
昨日の夏期講習会の一コマからお伝えします。
今日は、「接続詞とwill」のお話です。

主節と従属節

基本的に、英文は1文の中で、主語と動詞を1回、文頭で
使うことになっています(例外もあります)。

文と文を、「~のとき」「そして~」「または~」「~ということ」
などでつなぎたいときは、「接続詞」を使います。
今の例ですと、それぞれ when, and, or, that が当てはまります。

そして、2文をつないだとき、メインとなる文のほうを「主節」、
サブとなる文のほうを「従属節(従節)」と呼びます。

どちらがメインで、どちらがサブなのか?

接続詞のないほうがメインとなり、接続詞を含むほうをサブにします。

なぜなら、接続詞がない方が、場面としてハッキリ浮かぶからです。
「そして」「または」「~のとき」など、接続詞がついてしまうと、
文の主張する力が弱くなり、場面が浮かびにくくなるからです。

日本人のかた向けに感覚を説明するので、日本語で説明します。

「①もし明日雨が降ったら、②大会は中止となります。」

①「雨が降る」という条件付きですが、大事なのは条件自体ではなく、
条件が成就したら②「大会は中止」になるということが大事になります。

そして、文全体の時制(現在、過去)や、助動詞などは、

あくまでもメインの文にしかつきません。

また日本語で考えてみましょう。

「①もし明日雨が降ったら、②私は家で一日中寝るだろう。」

①「雨が降る」という条件よりも、②「私は家で一日中寝る」
ほうが、文として重要になります。あくまでも「雨が降る」は
単なる条件なので、【条件が成就したらどうなるか】のほうが
重要になります。だから、こちらに「だろう」がつきます。

英語も同じです。それが、次の板書の写真です。

if節やwhen節の中では、willは使えない

受験英語を学ぶと、テクニックとしてよくいわれるのが、
このことです。

しかし、「テクニック」として「そういうものだ」と【覚える】のと、
時間がかかっても【感覚に刷り込む】のとでは、訳が違いますよね。

英語は「言語」です。「受験の道具」ではありません。
「コミュニケーションの道具」であり、「表現の道具」です。

だからこそ、私たちが日本語を話したり考えたりするのと同様に、
英語を英語のままで理解するためにも、感覚についてしっかり
説明する必要があると考えています。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です