「キャリア教育」とはいえ

こちらでは大変ご無沙汰しております。共生舎の髙橋です。
私ども「共生舎」は、全く新しいスタイルの学習塾として、2016年1月に産声をあげて以来、
「机の上の学びと実社会との関連づけ」をメインテーマとして運営しております。

2020年からいよいよ本格化する「教育制度改革」。
改定後の学習指導要領では、「主体的で深い学び」が求められます。

つまり、与えられたことだけをやっていけばよいのではなく、
学んだことを、自分から進んで使っていくこと、
自分から進んで、自分の考え方を披露して、他者の考え方とうまく折り合いをつけていくことが求められます。

その導入として、実はふさわしいイベントが、室蘭市内でも開催されるようになりました。
それは「室蘭ハタモクカフェ」というイベントです。

「ハタモク」

これは「働く目的」を短縮した造語です。
北海道に「NPO法人ハタモク北海道」という組織があり、そのスタッフが、道内各地で学生向けに、「働くことの意義」「学ぶことの意義」などを、大人とのフラットな会話を交えて語り合い、考えるというイベントを開催しています。

室蘭では、6月に法人主催の胆振室蘭版のイベントが開催となりました。
こちらのイベントにも、髙橋が参加させていただきましたが、登別明日中等教育学校と室蘭清水丘高校の学生さん、室蘭工大の学生さんが多く、それぞれのキャリア形成と現状についての胸の内を聞くにつれ、強く感じたことがありました。

大人は子供に、先輩は後輩に、上司は部下に。予定調和ばかり望んで押し付けていないか?

受け身の姿勢で学んできた学生さんには、いきなり「こういう時代になりますので、自発的にどうぞ」などと言われても困ります。
成績がそこそこで大学を出て、勤め人になった途端に「ここは学校ではないから、なんでも教えてもらえると思うな」と言われても、具体的に何がどうなって自分にそう言われているのか、正直言ってピンときません。それどころか当惑して、心にブレーキがかかります。
かなり端的に言えば、「受動的な優等生」が潰れていくのが世の中なのですが、残念ながら「受動性」を「能動性」に変えてくれるカリキュラムなど、義務教育の中では前提になかったのかもしれません。

かといって、自分で考えてやってみると
「なぜ勝手にそういう判断をした」
「そこまで勝手にやっていいとは誰も言っていない」
「自発的にも程があってだな」という返答が帰ってくることがあります。

これは、「判断基準」や「程度」について、なんの説明もなされなかったために起こった会話です。
つまり、上に立つ側は自分の用意した「箱庭」(=前提条件)を壊されたくない、という防衛反応が起きるのでしょう。

キラキラ、いいことばかりが人生ではない

今回本輪西ファミリークリニックで開催となった、ハタモクカフェ。
グランドルールに「その場の話はその場限り」という、自由な発言を担保するルールがあるので、詳しくは話せないのですが…
話せる範囲で、印象的だったのは、大人も子供も、それぞれの年代や立場なりに悩みがあり、それぞれの悩みはその人だけのもの、だということでした。

たとえば、「隣の芝生は青い」という話では、自分よりも周りの人すべてが特に優れているように見えるのですが、それが行き過ぎると、並々ならぬ嫉妬心や劣等感が育ってしまうということです。「あの人ばっかり」「あの人は強くていいな」「あの人は成績いいし」などなど、つい「隣の芝生」ということを忘れてしまうがために、自分自身の芝生(=持ち味)に水をやる(=育て、使い物にする)ことを忘れがちになってしまいます。

でも、ですよ。
「挫折なんて今まで一度も味わったことがない」という人は、たくさんいるのでしょうか。
程度の大小はあっても、生きている以上は、みんな「隣の芝生」との比較で「挫折感」を味わうことはあるのではないか、と思います。

挫折を知る者だから見える景色

今回のイベントに参加した大人たちは、学習してきたことと、今実践していること(仕事でもプライベートでも)とが、直接的につながるという人は、あまりいなかったように思います。当然、髙橋もその一人です。

でも、挫折を知ったからこそ見える景色は、必ずあるはずです。
そこでは、誰もが自らの悩み一つ一つにリスペクトが払われる、優しい世界ではないかと思います。
年齢、性別、国境を超えた、ヒューマニズム(人類愛)の世界ではないかと思います。

挫折を知ることで、自我の適度な解放と抑制が、知らず知らずのうちにできるようになります。そしてそれは、冒頭でもお話しした、「自分の主張はするが、他人の考えも理解して、折り合いをつけていく」、新時代を切り開く教育の礎となるのではないでしょうか。

肩書き至上主義を乗り越えて

だからこそ、たとえば高2であれば、周りが志望校を決めていくのに、自分だけが…という劣等感であったり、はたまた、大学進学をしない高3であれば、就職試験が自分の全てなのか?という疑問だったり、そういった悩みを持つ学生さんも少なくないでしょうし、大学生であれば、偏差値が高いからといって、自分の心が求める学びに必ずたどり着けるわけでもないでしょうし、偏差値が低いからといって高度な学びが大学では全くできないというわけでもありません。

はたまた、大学進学歴がなく、資格もこれといって目立ったものがなくても、社会の役に立ち、それが仕事として認められることも十分にあります。かと思えば、私のように大学進学して就職はしたものの、ドロップアウトをして自営業の道を突き進み、可処分所得的には大学時代の同期たちの半分から三分の一になっても、毎日が生きた心地に満ち溢れている(良くも悪くも)という人間もいます。

教育制度改革と一億総活躍社会。
そこにブレーキをかけているのは、実はこれまでの「肩書き至上主義」であったり、「お上がなんとかしてくれる」的発想ではないかと思います。自ら考え、主体的に動く人たちが増え、プラスの合力でつながる人を増やすには、自分たちの日頃の暮らしから、「自分の五感で確かめる」という経験を進んでする必要があると考えます。もちろん、他人の意見や肩書きを参考にするのも否定はしませんが、最後は「自分の心と直観に従う勇気」を持って、ものごとにあたれる人が増えればと思います。

実は「自分の心と直観に従う勇気」は、スティーブ・ジョブズの言葉です。
人は他人のことはなんとでも言います。参考にするのも良いですが、最後は自分の良心に従うように。
新時代へのキャリア教育は、そこを育む意識を、年長者たちが進んで持つことが望ましいと思います。

閑話休題。黒糖タピオカミルクティー、今までのタピオカ系飲料の中で一番美味しく感じました。

冬休み社会見学!精米工場見学会

創業108年、老舗のお米屋さんに学ぼう

「いただきます」「ごちそうさま」
みなさんは、きちんといえていますか。
また、どうしてこのような言葉を言うのか、わかりますか。

室蘭で108年続く、老舗のお米屋さん
「ヤマコしらかわ」さんの工場を見学しながら、
お米のこと、食事のこと、学んでみませんか。

どんなことができるの?


5つ星☆☆☆☆☆ お米マイスター 白川社長が
みなさんに、お米、食事をおいしくたべるための
おはなしをしてくださいます。

お米についての質問もなんでもOK!

そして、お米がみなさんのお口に入るまで、
どうやって届けられるのか、その中心となる
精米の工場をごらんいただけます!

開催要領

・日時 平成31年1月12日(土) 10:00~12:00
・会場 ㈲ヤマコしらかわ 精米工場
    室蘭市築地町147-10
    ※現地集合、現地解散となります。
・会費 無料
    ※学生さんには、おみやげがつきます!
・定員 20名(先着順)

・お問合せ、お申込みは
 共生舎 090-6878-7168(担当:髙橋)
     official_taka@hotmail.com

創業2年の個人塾と、創業108年の米老舗。
異色のコラボレーションによる食育をお届けします!

ご案内(PDF)はこちらの工場見学概要をご覧ください。

第4回 歴史を150倍おもしろくするワークショップ

第4回 歴史を150倍おもしろくするワークショップ

共生舎がお届けする、北海道みらい事業
「歴史を150倍おもしろくするワークショップ」。

教科書に大きく載っていないながらも、北海道開拓の
礎を築いた先人たちの思いに迫るワークショップです。

このシリーズもいよいよ、最終回となりました。

最終回のテーマ、概要は次の通りです。

「北海道開拓の光と影」

 今の北海道を築いたリーダーたちは、この150年を記念する
イベントにはたくさん「呼ばれて」いると思います。しかし、
それを実践したのは、数え切れぬ労働者たちでした。

 塾長の私自身も、刑務所のある街に生まれ育ち、多少なりとも
刑務所とマチのつながりを意識してきました。違う街に移住し、
仕事をさせて頂いておりますが、だからこそ語り継ぐ責務のような
思いを感じずにいられませんでした。

 書物やその記述を、あらゆる観点からスポットを当て、
みなさまと一緒に、北海道開拓の光と影を、一部ではありますが
見て参りたいと思います。

【日程】平成30年10月14日(日)
    13:00~17:00
    ※途中参加、途中退場自由です。
【内容】13:00~ イントロダクション「多角的な見方で」
    13:25~ 第一部「北海道開拓と集治監」
    14:35~ 第二部「刑務所のある街のくらし」
    15:45~ 総 括「北海道再考」
【費用】おひとりさま 500円(資料・茶菓子代)
【お問合せ・お申込み】共生舎 090-6878-7168(髙橋)

皆様のご参加、心よりお待ち申し上げます。


第4回案内

謝辞/今後の営業について

北海道胆振東部地震を始め、日本全国で災害に遭われた方へ

このたびの地震や、かねてから台風災害等で罹災されている皆様へ、
お見舞い申し上げます。
また、お亡くなりになられた方へ、衷心よりご冥福をお祈り申し上げます。

謝辞

また、私ども「共生舎」も、北海道胆振東部地震の震源にやや近く、
室蘭で過去最大の震度5弱、長時間にわたる停電に見舞われました。

各方面より、ご心配・ご声援賜りましたこと、厚く御礼申し上げます。
みなさまのおかげで、教室はまったくの無事で済んでおります。
誠にありがとうございました。

今後の営業について


◇9月8日(土)
 授業は休講ですが、現在端末の充電、Wi-Fi利用、休憩を無料でご提供しております。
 販売店舗のご利用も可能です。
 普段からご休憩、端末充電、Wi-Fiについては無料でご利用可能ですが、
 授業がないため、いつもよりゆっくりご利用頂けることと思います。

◇9月9日(日)以降
 17時の一般英語より、通常サイクルでの営業に戻りますが、
 授業中における充電・Wi-Fiでのご利用のお客様を積極的に受け入れ致します。
 若干授業にご配慮の上、ご利用頂けますと幸いです。

 皆様と手を取り合い、地域と共に学び、歩む場づくりに、
 これからも努めて参りますので、よろしくお願い致します。

もちろん、受講生さんも募集しております


・自分のペースで学べる!
・一緒に考えて伸ばす、高める!
一言では言い表せない、「味のある」塾だと思います。

 災害復旧に伴う授業料のご相談にも応じますので、
 お気軽にお問い合わせ下さい。

【報告】第2回歴史ワークショップ 4

4.道産米をめぐる歴史

*概要
 北海道の米作りの試みは、1661年、いまの北斗市大野で行われたことに始まる。
 稲作の成功は、1850年に大野の高田万次郎、1855年に銭亀沢(函館市)の
 庵原函斎、と、渡島で見られた。
 中山久蔵も、高田万次郎から稲作を教わった。

 その後、1873年に中山久蔵が島松沢(北広島市)で稲作に成功。
 トノサマバッタの食害、北海道開拓使設置に伴う水路の変更、
 北海道での稲作の禁止など、さまざまな苦悩を経て、
 1883年には、札幌と亀田に稲作試験場が設置される。
 1920年には、北海道産米100万石達成。

 戦後、1961年に収穫量日本一達成。
 1979年に銘柄間格差が導入されると、北海道産米は最低ランクとされたが、
 それから5年で、良食味米の「ゆきひかり」誕生。
 以来、「きらら397」「ほしのゆめ」「ななつぼし」「ふっくりんこ」
 「おぼろづき」「ゆめぴりか」と、名だたる北海道産ブランド米が誕生。
 2009年には、「ゆめぴりか」「ななつぼし」が食味ランキング「特A」に輝く。

*北海道稲作の課題
 耐寒→量産→食味。 現在では、この3拍子がそろい、北海道産米は一気にスターダムを駆け上っている。

参加者さんの感想


・自分一人だけではきっと、この偉業はなしえなかっただろうから、
 奥さんや周りの人にも恵まれたのではないか、と思う。
・北海道に良い影響を与えたのに、あまり知られていなかったのはちょっと残念。
・自宅の食卓に登るお米も、最近では道産米に変わった。
 このようにして、人の生活習慣を変えるほどのストーリーが、長い年月をかけて
 いろいろな人により受け継がれてきたことが素晴らしいと思った。

お忙しい中ご参加いただき、ありがとうございました!

【報告】第2回歴史ワークショップ 3

前回に引き続き、「第2回歴史ワークショップ」の続きです。

3 中山久蔵の人物像

 ・「思い立ったら」の行動力
  …父兄の許しを得ずに諸国を渡り歩いたことや、
  大政奉還を機に、農業を興す志を持って北海道に入植したこと、
  島松沢で米作りを成功させるために大野に通ったことなど。

 ・「メリハリ」
  …豊平館(札幌)で開かれた明治15年の農談会において、
  その報告書では、一言も発言が見られなかった。
  他方、晩年、松本十郎の孫が島松沢を訪れた際は、
  朗らかに話をしていたという。

 ・利他的
 …農作物の種苗の頒布のほか、自衛隊第7師団への土地の献納、
 災害復旧や学校・神社新設にかかる寄付金など。
 「自利を顧みるところなく、富貴を望まず、普通の生活」
 と、中山家の親族が語っていた。

 *クラーク博士”Boys, be ambitious, like this old man.”
 …this old man(この年老いた男性)とは、中山久蔵だったの
 では?という説もあるらしい。
 ※当時、北海道は西洋農業を取り入れる方針にあったため、
 北海道で稲作など到底不可能だと思われていた。

参加者が思い描いた人物像

 ・すごい人がいたもんだという感じはするが、
  そこまで至るには、やはり奥さんの支えがあってこその
  ものだったのではないか。
 →(他の参加者より)今の女性は強いと思った。

 ・次男だからこそできた生き方だったのかもしれない。

 ・北海道に良い影響を与えたのに、知られていないのか…という
  気持ちになった。

 ・温かい人柄だと思う。

 ・周りの人に恵まれたのだと思う。
  本人としては当たり前だと思っていたことでも、
  まわりで目をかけてくれる人がいっぱいいたのでは。

 ・北海道のお米が、北海道の財産となるように、何年も先の
  ことを見据えて行動してくれていて、それを受け継ぐ人も
  いたというすごいストーリーを紡いだ人だ。

(続きます)  

【報告】第2回歴史ワークショップ 2

前回の続きです(しばらく時間が開いてしまいました。申し訳ございません)

2 中山久蔵の足跡

中山久蔵の半生

・1828  河内国石川郡春日村(大阪府南河内郡太子町春日)に
       旧家・松村三右衛門の次男として生まれる。

・1845  江戸、大阪などの諸国を渡り歩く。

・1853  仙台藩士・片倉英馬に仕えるようになる。

・1855~ 白老・仙台間を往来するようになる。

<1868 大政奉還>

・1870  苫小牧に入植。

・1871  島松沢に入植。

・1873  大野(現・北斗市)の高田万次郎に稲作の教えを乞う
       室蘭~森町間は、船を利用していた!

中山久蔵のおもな種苗頒布先(現在の地名)


【石狩・後志】札幌市・小樽市・仁木町・北広島市
【胆振・日高】苫小牧市・室蘭市・伊達市有珠町・白老町・門別町・浦河町
【上川・宗谷】旭川市・遠別町・枝幸町歌登
【釧路】厚岸町

【報告】第2回歴史ワークショップ 1

いつも当サイトをご覧頂き、ありがとうございます。

本日午後1時より、「第2回 歴史を150倍おもしろくするワークショップ」を開催致しました。
さまざまな行事が重なる中ではありましたが、3名の方にご参加いただきました。

スペシャルゲストは、室蘭で108年の歴史を誇る米穀店「ヤマコしらかわ」白川社長です。

お三方、白川社長には、なにかとご多用の折、ご参加いただきましたこと、
厚く御礼申し上げます。誠にありがとうございました。

写真は1枚しか撮れていません。ご容赦くださいませ。

進行のようす

<12:55>
予定より5分早くスタートしました。参加者さん同士で自己紹介。
「興味あり」という方と、「歴史と聞くとちょっと…」という方がいらっしゃいましたが、
このワークショップは、苦手な方も大歓迎のイベントでございます。
私ナビゲーター髙橋、ちょっとワクワクしてまいりました。

<13:15>
スペシャルゲスト登場!
さっそく、紹介とともに、序「道産米のいまむかし」のパートに入ります。
お米は年に一度の収穫。だから大切に育てなければなりません。
「食べられたものじゃない」と言われた北海道のお米が、今では大人気に。
そのストーリーと、産地・品種についてのお話をしてくださいました。

実は、白川社長にも、広島県・北広島市とのつながりがあることが判明。
また、米どころのお話では、「ササニシキ」から宮城県登米市のお話。
登米市といえば、仙台藩士・片倉英馬家があったとされる街。
片倉英馬といえば、中山久蔵が北海道入殖前に仕えていた人物。
本論に入る前から、お話が加速していきます。

<13:30>
1 「寒地・米作りの祖 中山久蔵」のパートに入ります。
自伝などといったものがないため、中山久蔵の生涯を調べる者にとっては、
実地調査やご親族、関係者の話を整理することが命題となります。
そのぶん、学ぶ我々にとっても、「これが答えだ!」という学び方よりも、進め易かったと思います。

旧家に次男として生まれ、家を継ぐことができなかった中山久蔵は、17歳のある日、父兄の承諾なく家を出ます。
放浪し、たどり着いた先は、仙台藩士・片倉英馬のもとでした。
仙台~白老を往来するようになりましたが、時は明治維新。戊辰戦争が終わり、壮年終盤の中山久蔵に転機が訪れます。
生まれ故郷の河内に戻るか、仙台で平民となるか、それとも…

彼が出した答えは、北の地で農業を興すことでした。
「働き盛りのころから今に至るまで、得るものは何もなく、どうしようもなかった。そして、今年は厄年(数え42歳)である。
 その厄が回ってきたとしても、なにが惜しいというのだろうか。」

最初、苫小牧に入殖しますが、条件が合わず、知人の紹介で島松沢(北広島と恵庭の堺)に移住します。
蓮根と、本州から持ち込んだユリ(根が食用となります)を栽培していましたが、肥料や建材のために稲わらが必要となったことや、
米の味を知っていて、北海道でも育てたいという思いがあったのでは、ということもあり、稲作を始めようとします。

その際、渡島大野の先駆者、高田万次郎のもとへ、教えを請いに足を運びましたが、
函館と札幌を結ぶ「札幌本道」を南下しています。つまり、今にいう「森蘭航路」を利用したのです。

北海道の稲作は、ご維新で禁じられましたが、それでも米作りに励んでいた中山久蔵を、「アッシ判官」松本十郎が応援します。
そして、北海道財務長に「米博士」酒匂常明が就任したこと、明治天皇御行幸で駅逓(中山家が担っていました)にて、
昼食で中山久蔵が作った米を、明治天皇御一行が召し上がられたこともあり、北海道の稲作が次第に広まっていきました。
禁止といっても、大々的に生産し、市場に流通させることを禁じたものであったから、米作りを続けていた中山久蔵にとって追い風となったのではないかと考えられます。

久蔵翁は、後に入殖する者にも、進んで土地を紹介し、また全道各地に種苗を頒布していました。
頒布先には、室蘭屯田(蓮根種1枡)という記録もありました。
参加者さんから、「もしかして、陣屋の蓮は、この蓮?」という質問がありました。
お恥ずかしながら、調べきれていなかったのですが、ひょっとすると、そうなのかもしれませんね。

<~14:30>

今日はまず、このあたりで、タイピングの手を止めたいと思います。
次回の報告は、「2 中山久蔵の足跡」「3 中山久蔵の人物像」をご紹介できればと思います。

第2回 歴史を150倍おもしろくするワークショップ

こんばんは。
来る6月17日(日)、スタディラウンジむろらんにて、
第2回 歴史を150倍おもしろくするワークショップを実施します。

このワークショップでは、現代の北海道にとって
欠かせなかった人達の、時代背景や思いなどに迫り、
楽しく考えたり調べたりしながら、
「できごとをならべた科目」という歴史の見方を変える、
北海道150年を記念した「北海道みらい事業」として
実施するものです。

今回は、寒地稲作発祥の地とされる島松沢(北広島市)、
そして、そこで一意専心、米作りに情熱を注いだ
「中山久蔵」翁のものがたりがテーマです。

今回は、知る人ぞ知る”スペシャルゲスト”も参加予定!
(ゲストは当日までのヒミツです!)

いまや高品質のお米となった北海道米、先人たちの
汗と労苦の物語を、みんなで共有しましょう。

開催要領


・日時 平成30年6月17日(月)
    13:00~17:00
・会場 スタディラウンジむろらん
    室蘭市輪西町2丁目3番1号
・会費 1名様 500円(資料代)
    ただし未就学児は無料

お問合せ、お申込み先
 共生舎 髙橋(090-6878-7168)

皆様のご参加、心よりお待ち申し上げます。

第2回ポスター(pdf)

共生舎2周年記念事業について

みんなで語ろう 地域のみらい


~共生舎2周年記念事業 子どもをとりまく環境のこと~

 平成30年1月4日をもって、共生舎は開業2周年となりました。
 これもひとえに、皆様の日頃のご厚情の賜物であり、心より感謝申し上げます。

 2周年を記念して、今年もトークセッションを実施致しますので、ご都合の良い方はぜひご出席をお願い致します。

ねらい

 共生舎では、周年事業として「トークセッション」を実施しております。
 このトークセッションでは、次の時代を担う人達に対して望まれることや、してあげられること、してあげなければならないことについて、それぞれの参加者さんとの意見交換の中から見出していくことを目的として実施しているものです。

開催要領

 開催日時
 平成30年2月10日(土)
 13:00~16:30 トークセッション
 「みんなで語ろう 地域のみらい」~子どもをとりまく環境のこと~
 17:00~20:00 懇親会

 会  場
 共生舎 Study Lounge Muroran
 北海道室蘭市輪西町2丁目3番1号

 費  用
 トークセッション 無料
 懇親会 1名様 3,000円

 そ の 他
 トークセッションはご予約不要、入退場自由です。
 懇親会は、2月8日(木)までに出欠のご連絡をお願い致します。
      
 お問合せ・お申込み先
 090-6878-7168 official_taka@hotmail.com (担当:髙橋)

(過去2回の開催内容については、こちらからご確認いただけます)