~北海道・室蘭 学習と集いの場~

共生舎とは?

  • HOME »
  • 共生舎とは?

新時代を、共に生きる。

011a43a63213a859ef35228a6b820fc5e6ac3031e7

北海道・室蘭。

北海道のみならず日本の近代化・高度経済成長期を支えてきた
「2つのストーリー」がある、みなと街。

一つは、北海道の政治の中心を、函館奉行所から札幌、開拓使本庁に移す際、
陸の難所、静狩峠を避けるべく、森町と噴火湾航路で結ばれた歴史。

そしてもう一つは、空知から鉄道で運ばれてきた石炭の積出港として、
また、その石炭を用いた製鉄・製鋼が興り、現代に至るまで息づいている歴史。

そして、それらの工業、港と自然が、見事に調和した街。

地方都市が疲弊しているといわれて久しい昨今。

しかし、その「疲弊」とは何だ?と思考を巡らせたとき、
人口減少・少子高齢化社会がその原因であるとするならば、
それは、いわゆる「都会」だって同じでは?

ならば、疲弊から脱出する先進事例は、地方にこそあるのでは?
仮に疲弊しているとしたら、街の人たちの暮らしが楽しければ、
疲弊から脱却できる先進モデルを作れるのでは?

いや、むしろ、疲弊なんかしていないのでは。
というところに着目し、楽しい人たちのつながりを広げて、
知識の共有を進めていけば、もっと街が楽しくなるのでは?

という思いで、学習塾事業・調査研究事業の「共生舎」を立ち上げるに至りました。

商号の「共生舎」は、読んで字のごとく、「共に生きる」の文字を用いております。
先行き不透明の時代だからこそ、地方の強みである、人と人との密接さを
生きる力に変えていくための場を作りたい、という願いを込めて付けました。

共生舎 概要

 

  • 商 号   共生舎
  • 所在地   北海道室蘭市輪西町2丁目3番1号 1階
  • 創業日   平成27年12月17日
  • 開業日   平成28年 1月 4日
  • 代表者   髙橋 慎吾
  • 連絡先   電話 090-6878-7168
    E-mail    official_taka@hotmail.com
  • ミッション Let’s develop your creativity in your study.
    ~学びに創造性を~

 

代表者経歴

014ec6dabe982e3eeb046f961c5b5b60cb17a3f423

髙橋 慎吾(たかはし・しんご)

昭和60年10月26日 北海道網走市生まれ

平成16年 4月 1日 小樽商科大学商学部企業法学科 入学
在学中、個人塾や家庭教師のアルバイトに3年勤める。
これらを含め、多い時で週8~9のアルバイトをこなしつつ、
議員インターンシップ、街づくりなどに関心を持ち始める。
平成20年 3月31日 小樽商科大学商学部企業法学科(会社法専攻)卒業

平成20年 4月 1日 北海道信用漁業協同組合連合会就職(審査部)
平成20年11月 1日 同北見支店(紋別市)へ異動
平成24年 4月 1日 同室蘭推進センターへ異動
平成26年11月頃より 一般社団法人むろらん100年建造物保存活用会の
活動にサポーターとして参加し始める
平成27年 4月 1日 同函館支店へ異動
平成27年 7月31日 北海道信用漁業協同組合連合会退職

平成27年 8月22日 一般社団法人むろらん100年建造物保存活用会
サポーターズクラブ創設、会長を拝命。
平成27年10月23日 開業前研修(フィンランド・エストニア)
平成27年12月17日 室蘭税務署へ「共生舎」として開業届提出
平成28年 1月 4日 室蘭市輪西町2丁目3-1に
「共生舎・スタディラウンジむろらん」オープン

TEL 090-6878-7168 17:00~22:00(月)、13:00~22:00(火~金)、13:00~17:00(土)、日・祝不定 ※業務の都合上変動する場合もありますので、お気軽にお問い合わせください。

PAGETOP
Copyright © 共生舎 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.