第4回 歴史を150倍おもしろくするワークショップ

共生舎がお届けする、北海道みらい事業
「歴史を150倍おもしろくするワークショップ」。

教科書に大きく載っていないながらも、北海道開拓の
礎を築いた先人たちの思いに迫るワークショップです。

このシリーズもいよいよ、最終回となりました。

最終回のテーマ、概要は次の通りです。

「北海道開拓の光と影」

 今の北海道を築いたリーダーたちは、この150年を記念する
イベントにはたくさん「呼ばれて」いると思います。しかし、
それを実践したのは、数え切れぬ労働者たちでした。

 塾長の私自身も、刑務所のある街に生まれ育ち、多少なりとも
刑務所とマチのつながりを意識してきました。違う街に移住し、
仕事をさせて頂いておりますが、だからこそ語り継ぐ責務のような
思いを感じずにいられませんでした。

 書物やその記述を、あらゆる観点からスポットを当て、
みなさまと一緒に、北海道開拓の光と影を、一部ではありますが
見て参りたいと思います。

【日程】平成30年10月14日(日)
    13:00~17:00
    ※途中参加、途中退場自由です。
【内容】13:00~ イントロダクション「多角的な見方で」
    13:25~ 第一部「北海道開拓と集治監」
    14:35~ 第二部「刑務所のある街のくらし」
    15:45~ 総 括「北海道再考」
【費用】おひとりさま 500円(資料・茶菓子代)
【お問合せ・お申込み】共生舎 090-6878-7168(髙橋)

皆様のご参加、心よりお待ち申し上げます。


第4回案内