こんばんは。
来る6月17日(日)、スタディラウンジむろらんにて、
第2回 歴史を150倍おもしろくするワークショップを実施します。

このワークショップでは、現代の北海道にとって
欠かせなかった人達の、時代背景や思いなどに迫り、
楽しく考えたり調べたりしながら、
「できごとをならべた科目」という歴史の見方を変える、
北海道150年を記念した「北海道みらい事業」として
実施するものです。

今回は、寒地稲作発祥の地とされる島松沢(北広島市)、
そして、そこで一意専心、米作りに情熱を注いだ
「中山久蔵」翁のものがたりがテーマです。

今回は、知る人ぞ知る”スペシャルゲスト”も参加予定!
(ゲストは当日までのヒミツです!)

いまや高品質のお米となった北海道米、先人たちの
汗と労苦の物語を、みんなで共有しましょう。

開催要領


・日時 平成30年6月17日(月)
    13:00~17:00
・会場 スタディラウンジむろらん
    室蘭市輪西町2丁目3番1号
・会費 1名様 500円(資料代)
    ただし未就学児は無料

お問合せ、お申込み先
 共生舎 髙橋(090-6878-7168)

皆様のご参加、心よりお待ち申し上げます。

第2回ポスター(pdf)